朝のウォーキングで、思い出したこと

久しぶりのブログです。

 

実は、私事ですが令和はじまって、すぐに体調を崩してしまいました。

高熱が出て、3日寝込んだのですが・・・

 

今は、体調も戻り体調崩す前よりスッキリした感じがします。

強烈な毒だしだったのでしょう。と、思う事にしております(笑)

 

画像は朝のウォーキングの風景

この季節、木々の緑が濃くてとても綺麗です。

 

ちょうど、小学校の登校の時間で

グループになって登校している小学生達

それを、見守るお母さん達を、

懐かしさたっぷりの目で見ながら

ウォーキングしてました。

「私にもあんな時代があったなぁ」と

 

あの頃は、母親としても半人前

子供の心配ばかりしてました。

 

お友達との関係や

クラスで上手くやっているのかなぁ

仲間外れにされてないかなぁと、

要らぬ心配ばかりしてました。

 

子供を信頼してなかったのかもしれません。

 

でも、子供って

親がドーンとかまえてると

大丈夫なもんなんですね。

 

中学校あたりから、

「心配!」と言いう物を

しないように、

心掛けました。

 

そうすると・・・

子供達は

どんどんたくましくなって行きました。

 

きちんと自分で考え行動する。

 

親が考えているより

ずっとたくましい!

 

今だから

思える事かもしれませんが

 

子供も一人の人格のある人間です。

心配するより信頼して

見守ってあげるのが

良いのかもしれませんね・・・

 

なんか昔がなつかしくなり

ちょっと、振り返ってしまいました・・・

 

今じゃ

私の話を聴いてくれたり、逆に心配されたりと・・・

とてもたくましい存在になりました~

 

 

子育ては、大変です。

でも、たまには息抜きをして

自分を癒し

ホッとする時間を作ってみてください。

 

子供達を見る目も

「心配」から「楽しもうよ」に

変わってくるかもしれませんよ。